FC2ブログ
07≪ 2018/08 ≫09
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2018-07-28 (Sat)
ども、優月です。

Twitterで行きたい行きたい言ってた
「ルーヴル美術館展」に行ってきましたー!!

六本木の国立新美術館で開催されてるよ。



学生さんの夏休み期間に入ると
平日でも混んじゃうと思ったからその前に行ってきたよ!

10時開場で9時半に到着したんだけど
予想通り、
チケット買うのも全然並ばないで買えたし
館内も混んでなかったので、
ゆっくりじっくり鑑賞できました!やったねっ(´∀`)!

なんか今回の音声ガイドは高橋一生様だったみたいで...
私は音声ガイドは不必要(静かに観たい)なので
配布場所を素通りしたんだけど
ほとんどの人(特に女性)は音声ガイドするみたいで
配布場所でも列ができてたw
その隙に私は中に入って鑑賞を進めてました^^
おかげ様でホントに空いてました!ありがとう、一生様!

いやー、実は何年か前にも「ルーヴル美術館展」が開催されてたんですけど
その時は夏休み真っ最中で、外にまで行列ができてて
暑い中1時間以上待ったんですよね...;

その時の記事⇒【http://watashiteki00.blog129.fc2.com/blog-entry-795.html

もちろん、以前とはテーマも作品も違うルーヴル美術館展ですよ!

今回のテーマは「肖像」
時代とともに変化していった「肖像」にちなんだ作品を見てきました!
教科書で見たことある作品ばかりだった!
古代エジプトのお面や壁画もあったよ!すげぇ。

今回の目玉はヴェネツィア派の巨匠ヴェロネーゼの「美しきナーニ」という作品。
ルーヴル美術館が持つルネサンスの肖像画のなかでも、最高傑作の一つとして有名な作品が
27年ぶりに日本に来たんだって!
ルーヴル美術館ではモナリザと同じ部屋に飾られているんだよ!

そして、ナポレオンの作品も今回は沢山ありましたね。
高さ2メートル(台座を含めると3メートル近いと思う)のナポレオンの大理石像も圧巻だったなぁ。
当たり前なんだけど、細部まで作りこまれてた~

古代エジプト時代の「肖像」の起源から始まり、
記憶のための肖像
権力の顕示としての肖像
そして時代は進み、幅広い階層の肖像へと移っていきます。

こんなに様々な時代の作品を観れるなんて…!
私は普段、一人の画家とその画家と交流があった人々の作品を
観に行くことが多いから、その画家が生きた時代の作品しか
観れないんだよねー。
こういう、例えば今回の「肖像」とか
テーマに絞った作品展もいいなぁ。と思いました。

個人的に好きだったのは
「ブルボン公爵夫人、次いでブーローニュおよび
オーヴェルニュ伯爵夫人ジャンヌ・ド・ブルボン=ヴァンドーム」っていう作品!長いw
1510~1530年ごろの作品なんだけど、
女性の体から腸が飛び出てうじ虫が発生しているの!
どうしてこんな彫刻をつくったのか不思議~

フランツ・クサファー・メッサーシュミット
「性格表現の頭像」
精神を病んだフランツさんは自宅に引きこもって
自分のいろんな表情の顔の彫刻を69個作ったんだって。
ほとんど変な顔の彫刻なんだけど
これは病の苦しみを作品にすることによって
自分を制御していたんだって。

ジュゼッペ・アルチンボルド
「四季」から「春」、「秋」
最後の部屋にこの2作品が展示してあるんだけど
人間の顔が全部植物や野菜でできてるの!
面白くて美しい!私が好きな系統の作品!w


お土産



今、こうしてブログ書きながら作品の図録見てるんだけど
やっぱりナポレオンさんかっこいいなw


ルーヴル美術館展は9月3日まで開催しているので
皆様もぜひ行ってみてください!
火曜日は閉館です!

スポンサーサイト
| 美術 | COM(0) | | TB(0) | |
コメント







管理者にだけ表示を許可する